戻る|→|↓ページ末尾
4.23.午後|→ 4.24.午前A|→ 4.24.午前B


第50回日本衛生動物学会大会 日本衛生動物学会の
新胎動は土佐から

(本大会のキャッチフレーズ)
会期: 1998.4.23.木〜4.25.土

A会場:高知県立県民文化ホール
    B会場:中央公民館4F
大会長:松崎沙和子
     (高知女大名誉教授)
 
 講演等プログラム 
 
大会事務局(連絡先):
高知県中央農業改良普及センター
TEL: 0888-64-2277
竹中 淳

【4月23日(木)午後】
時刻 内     容
13:00
研究班等集会(中央公民館)

S1 殺虫剤研究班(4F B会場)
 「ゴキプリ用ペイト剤の基礎と最近の問題点」

S2 プユ研究班(2F 第1講義室)
 1.プユ属の分子分類
 2.一河川におけるプユの種構成と周年変化

S3 ダニ類研究班(3F 視聴覚室)
 1.メインテーマ「ダニの刺口」
 2.全体会議 1998年度の活動方針について

S4 アプ研究班(2F 第2講義室)
 1.アプ飛来の自動計測について
 2.アプの化学的誘引物に対する反応
 3.トラップの配置戦略、実験その1.

S5 病害動物の生理分子生物談話会(4F 第3和室)
 1.蚊の形態及び分子生物学的方法による分類の試み
 2.吸血性昆虫唾液腺の生理活性物質・その特性と意義
 (オオサシガメのProlixin‐Sを中心に)

S6 VECTOR ECOLOGY & CONTROL ASSOCIATION(4F 第1和室)
 「竹やぶの蚊の生態を複数のスケールから眺める」

S7 衛動ホームページ談話会(4F 特別会議室)
 1.背景について
 2.衛動ホームページ開設に際して
 3.衛動ホームページ開設に向けての今後の課題
14:55 休憩
 

15:00


15:40 

特別講演 (B会場:中央公民館) 座長 河野義明

TO1 家庭用殺虫剤の開発研究と社会的背景
 林 晃史(東京医科歯科大学・医学部・医動物学教室)

TO2 生活害虫防除の推移とこれから
 永田健二(シントーファイン(株)研究開発部)
16:20 休憩
 

16:25
開催地講演 (B会場:中央公民館) 座長 橋口義久

高知の施設園芸地帯で発生するイエバエの防除
 竹中 淳(高知市農林水産課)・松崎沙和子(高知女子大学・生活生物)
16:50 移動
17:00

20:00
幹事会(高知会館3F飛鳥の間)

 

(注) 発表者は演者です。

4.23.午後|→ 4.24.午前A|→ 4.24.午前B
戻る|→|↑ページTOP