過去の講演会・講習会・研修会・セミナー等

戻る|→これから開催の講演会等衛動大会等←|→関連学会|↓末尾


【すでに終了=2014年】

 □ 第1回・蚊分類学を志す若手研究者のための現地研修のご案内

【すでに終了=2009年】

 □ 「慢性寄生虫感染症の侵入監視およびその健康管理体制の確立」教育講演会

【すでに終了=2007年】

 □群馬科学フォーラム in Tokyo :「有機リン問題」の最前線

【すでに終了=2003年】

 □国立感染症研究所・学友会シンポジウム2(2003.1.23.木)

【すでに終了=2002年】

 □日中医学大会2002(2002.11.3-6.日-水)

【すでに終了=2001年】

 □日本学術会議・免疫・感染症研究連絡委員会シンポジウム(2001.11.15.木)
 □日本学術会議・第6回 植物保護・環境シンポジウム(2001.11.16.金)
 □自然史学会連合シンポジウム(2001.11.10.土)
 □「人と動物の共通感染症研究会」:設立総会および第1回シンポジウム(2001.10.21.日)
 □国際保健医療学会・「島嶼マラリア」に関する自由集会(2001.10.8.月)
 □第3回日本医学会特別シンポジウム(2001.9.6-7.木-金)
 □国際医療協力研究「マラリア」公開報告会
 □International Symposium:
   Control Strategies for Arthropod Borne Diseases and Vectors
   (Date: 12 January 2001)
 □国内研究集会:節足動物媒介性疾患および媒介動物の防圧戦略(2001.1.13.土)

【すでに終了=2000年】

 □ 自然史学会連合シンポジウム(2000.10.14.土)

【すでに終了=1999年】

 □ 日本学術会議50周年記念事業 第5回植物保護・環境シンポジュウム(1999.11.12.金)

【すでに終了=1998年】

 □ 第6回ダニと疾病のインターフェイスに関するセミナー(SADI)(下記参照)

【すでに終了=1997年】

 □ Molecular Biology of Mosquito Reproduction; From Basic Concepts to VectorControl (講師:Alexander S. Raikhel博士)


シンポジウム・フォーラム・報告会等 関  連  事  項
2014開催
蚊分類学を志す若手研究者のための現地研修・募集案内_______________


 世話人:比嘉由紀子・津田良夫

 講師:宮城一郎(琉球大学 名誉教授)
 講師:比嘉由紀子
(長崎大学 熱帯医学研究所 病害動物学分野 助教)

 場所:沖縄県西表島

 日程:2014年5月19日(月)から5月25日(日)

 詳細・応募用紙はこちら________ 











蚊分類学を志す若手研究者のための現地研修のご案内


 さわやかな季節となりました。 皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

 さて、最近の日本における蚊分類学研究者人口の減少は、分類学のみならず、衛生動物学研究の多様性減
少にもつながる憂慮されるべきことと考えられます。グローバル化による蚊の移動分散の増加から正確かつ
迅速な分類、同定の社会的ニーズがあるにも関わらず、研究者人口の減少は、学ぶ機会の減少をもたらし、
次世代の蚊分類学研究者の育成を妨げる要因の一つとなっています。そこで、この危機的状況を改善すべく、
このたび長崎大学熱帯医学研究所病害動物学分野では、蚊類の分類学を志す若手研究者のための現地研修を
企画いたしました。蚊分類学を志す特に若手の学生、研究者を対象としておりますが、今後、長きにわたり
真剣に研究に取り組みたい方であれば年齢を問わず歓迎いたします。詳細は、募集案内をご覧ください。

 ご質問、ご不明な点がございましたら、お気軽に担当者(比嘉yukko@nagasaki-u.ac.jp,
CC:津田tsudayso@nih.go.jp)までご連絡ください。

世話人:比嘉由紀子(長崎大学)・津田良夫(国立感染症研究所)

研修助成:ライオン株式会社

シンポジウム・フォーラム・報告会等 関  連  事  項
2009開催
「慢性寄生虫感染症の侵入監視およびその健康管理体制の確立」教育講演会

 厚生労働科学研究費補助金 新型インフルエンザ等新興・再興感染症研究事業
 「慢性寄生虫感染症の侵入監視及びその健康管理体制の確立」研究班
 (H19-新興-一般-007)

代表者 防衛医科大学校 国際感染症学講座 宮平 靖

 日程(いずれも午後3時開場、3時半〜5時半)
    於:藤沢市:平成21年9月5日(土)
    於:大和市:平成21年10月3日(土)
    於:横浜市:平成21年10月10日(土)
 詳しくはこちら 












シンポジウム・フォーラム・報告会等 関  連  事  項
2007開催
群馬科学フォーラム in Tokyo
タイトル: 「有機リン問題」の最前線
      
日  時: 2007.5.11.金 17:00〜20:00
場  所: ヤクルトホール(JR新橋駅徒歩5分)
チラシ1
チラシ2
__________



シンポジウム・報告会等 関  連  事  項
2003開催
国立感染症研究所・学友会シンポジウム
タイトル: 蚊媒介性感染症の現状:今世界で何が起こっているか
日  時: 平成15年1月23日(木)13:30-17:30
場  所: 国立感染症研究所・戸山庁舎、第一会議室(主会場)(4元同時中継)
       (村山庁舎、ハンセン病研究所、筑波霊長類センター)
詳しくはこちら

シンポジウム・報告会等 関  連  事  項
2002開催
日中医学大会2002 −日中国交正常化30周年記念−
日  時: 2002年11月3-6日(日-水)
場  所: 人民大会堂・北京国際会議センター(中華人民共和国・北京)
一般演題: 参加学会による分科会発表。発表の希望を大会事務局宛に提出すれば、各分科会に取り次いでもらえます。
詳しくはこちら

シンポジウム・報告会等 関  連  事  項
2001開催
日本学術会議・免疫・感染症研究連絡委員会シンポジウム
タイトル: 感染・免疫・アレルギーの接点を求めて
      −難病の解明と治療へ向けての展望−

日  時: 平成13年11月15日(木)13:00-17:30
場  所: 日本学術会議(東京都港区六本木7-22-34)
詳しくはこちら
日本学術会議・第6回 植物保護・環境シンポジウム     

タイトル: 「循環型農林業における植物保護のありかた
      −その将来展望」

日  時: 2001年11月16日(金)13:00-17:00
場  所: 日本学術会議講堂 
       (地下鉄千代田線乃木坂下車 徒歩1分)
詳しくはこちら
自然史学会連合シンポジウム

タイトル: 「遺体が語る自然史」
日  時: 2001年11月10日(土)13:00-17:00
場  所: 国立科学博物館新宿分館講堂      
詳しくはこちら
「人と動物の共通感染症研究会」:設立総会および第1回シンポジウム

テ ー マ: 「国内外の人と動物の共通感染症の現状と問題点」
日  時: 平成13年10月21日(日)13:30-17:00
場  所: 東京大学弥生講堂
詳しくはこちら
国際保健医療学会・「島嶼マラリア」に関する自由集会

集会名称: アジア・太平洋島嶼のマラリア問題
日   時: 2001年10月8日(月・祝) 13時30分〜16時
会   場: 慶應義塾大学 第3会場(新教育棟 3階 講堂2)
         (東京都新宿区信濃町35)
詳しくはこちら
第3回日本医学会特別シンポジウム

テーマ:「医とゲノム」

日 時:平成13年9月6日(木)、7日(金)
会 場:札幌プリンスホテル、国際館パミール3F (注1)
主 催:日本医学会

問合せ先:北海道大学大学院医学研究科・統合生理学
       〒060-8638 札幌市北区北15条西7丁目
       TEL 011-706-5035
       FAX 011-706-7871
詳しくは、
日本医学会
→日本医学会シンポジウム
 →特別シンポジウム
国際医療協力研究「マラリア」公開報告会
日時:2001年3月24日(土)
   9:30−16:30(予定)
場所:〒162-8655
   東京都新宿区戸山1−21−2
      国立国際医療センター、研究所B1大会議室
すでに終了いたしました

詳しくはこちら
International Symposium

Title: Control Strategies for Arthropod Borne Diseases and Vectors
Date: 12 January 2001
Time: 13:30-17:15
Place: National Institute of Infectious Diseases, Tokyo
すでに終了いたしました

In details
国内研究集会

タイトル:節足動物媒介性疾患および媒介動物の防圧戦略
日時:2001年1月13日(土) 午前9時30分〜午後5時00分
場所:国立感染症研究所 第1会議室
住所:東京都新宿区戸山1-23-1 (地下鉄東西線 早稲田駅下車徒歩10分)
すでに終了いたしました

詳しくはこちら

自然史学会連合シンポジウム

タイトル: 「21世紀の自然史科学における画像データベース」
日  時: 2000.10.14.(土)13:00-17:00
場  所: 国立科学博物館新宿分館・研修研究館・4階講堂
すでに終了いたしました

詳しくはこちら
集会名:第6回ダニと疾病のインターフェイスに関するセミナー
     SADI 第6回 立山山麓大会
期 日:平成10.6.10.水〜6.12.金
会 場:立山国際ホテル
参加費:\6,000程度(会費、疫学ツアー代、懇親会費込み)
連絡先:〒939-0363 富山県射水郡小杉町中太閤山 17-1
           富山県衛生研究所 がん研究部
                     渡辺 護
           TEL 0766-56-5506
           FAX 0766-56-7326
    
すでに終了いたしました
※参加資格は特にありません。
 聴講のみでも結構です。
 ご連絡次第、参加申込書を
 お送りいたします。
    

詳しくはこちら
演題Molecular Biology of Mosquito Reproduction;
   From Basic Concepts to Vector Control
講師:Alexander S. Raikhel博士
        ミシガン州立大学教授
日時:平成9年11月14日(金)
   午後1時10分から2時40分まで
場所:神戸大学医学部保健学科講義棟201教室
   神戸市須磨区友が丘7―10―2
   JR三宮駅もしくは新幹線新神戸駅より
   市営地下鉄で名谷駅下車。徒歩15分。
    
すでに終了いたしました
 
 
 
詳細は小西まで
 神戸大学医学部保健学科医療基礎学
             小西英二
 電話・FAX:078-796-4594
    
寄生虫学・衛生動物学関係の先生方へ

 昆虫生理学の分野で世界的に著名なRaikhel博士が米国より訪日され、神戸大学医学部保健学科で講演することになりました。ベクターコントロールに興味ある先生方、ぜひご参加下さい。なお、Raikhel博士は平成7年4月に日本衛生動物学会大会で招待講演された方です。(小西)

(注1) 会場へのアクセス:

・車/新千歳空港からタクシーで60分(約¥12,000)
・バス/札幌プリンスホテルから新千歳空港行バス運行中
・電車/JR新千歳空港駅から快速エアポート(15分毎運行)で札幌駅まで
 36分、札幌駅からタクシーで5分(約¥900)
・札幌市営地下鉄東西線西11丁目駅から徒歩2分。

戻る|→これから開催の講演会等衛動大会等←|→関連学会|↑TOP