戻る|↓末尾


2001.1.15.現在で83 visitorsでした。
2000.12.21.以来
研費の企画研究(代表者 鎮西康雄)で、下記の研究集会を計画しております。ふるってご参集頂きますようご案内申し上げます。
International Symposium (12 January 2001)
国内研究集会 (13 January 2001)

問い合わせ先:小林睦生     
国立感染症研究所昆虫医科学部
Tel:03-5285-1111 Ex. 2423

Title Control Strategies for Arthropod Borne Diseases and Vectors
Date 12 January 2001
Place National Institute of Infectious Diseases, Tokyo
Contents
13:30---13:35
Opening Remarks
Organizer Dr. Yasuo Chinzei (Mie University)
13:35---13:55
Emergence of Arbovirus Infections in Recent World
Dr. Akira Igarashi (Nagasaki University)
13:55---14:40
Epidemiology of Tick-Borne Encephalitis in Japan and Far-east Russia
Dr. Ikuo Takashima (Hokkaido University)
15:40---15:25
Arboviral Disease Investigation: Accomplishments
and Lessons Learned during Recent Outbreaks
Dr. Goro Kuno (CDC, Fort Collins)

15:25---15:45
Coffee break

15:45---16:30
Present Status of Mosquito Control in the USA
Dr. George J. Wichterman (AMCA, Florida)
16:30---17:15
The role of molecular tools in vector control
-with special reference to malaria control in Africa
Dr. Odette Mukabayire (NIID)

[↑UP|↓TAIL
タイトル 節足動物媒介性疾患および媒介動物の防圧戦略
日 時 1月13日(土) 午前9時30分〜午後5時00分
場 所 国立感染症研究所 第1会議室
住 所 東京都新宿区戸山1-23-1 (地下鉄東西線 早稲田駅下車徒歩10分)
プログラム
9:30---9:35
企画研究代表者 鎮西康雄
開会の辞
9:35---10:00
倉田 毅(感染症研究所)
クリミア・コンゴ出血熱の現状と今後の問題点
10:00---10:25
竹田 努(ロードアイランド大)→感染症情報交換会(こちらでも講演します!)
ロードアイランド州におけるウエストナイルウイルスの現状と
アルボウイルスの流行予報への挑戦
10:25---10:50
塚原正人(山口大学医学部)
猫ひっかき病の現状と対策

10:50---11:15
休憩

11:15---11:40
平井克哉(岐阜大学)
Q熱(コクシエラ症)に関する研究
11:40---11:55
藤崎幸蔵(帯広畜大)
我が国のバベシア症研究と対策の現状

11:55---13:05
昼食

13:05---13:45
招待講演
Han-II Ree (韓国・Yonsei大学)
Unstable vivax malaria in Korea

13:45---14:10
高木正洋(長崎大学熱研)
変わる環境、変わる媒介蚊、変わる防除
14:10---14:35
緒方一喜(日本環境衛生セ)
わが国の害虫防除技術の変遷とベクターコントロール
14:35---15:00
平尾素一(環境生物コンサルタントラボ)
我国の媒介動物対策の現状と問題点

15:00---15:15  
休憩

15:15---15:40
吉川泰弘(東大院農学生科)
我が国における動物由来感染症と検疫体制
15:40---16:05
安居院宣昭(国立感染研)
米国における節足動物媒介性疾患および媒介動物対策の視察報告
16:05---16:30
鎮西康雄(三重大学)
企画研究から特定領域研究への展望総合討論

戻る|↑TOP