稼働中Mailing List一覧および登録

戻る|↓ページ末尾|終結閉鎖ML→]

衛動・お知らせメール 2010.7.29.〜 【趣旨】 クローズドで一方通行のMLです
衛生動物学ML 1998.7.13.〜 【趣旨】 【投稿メールの一部の紹介】
−−>>【登録参加】はこちらです!<<−−
衛動・常任・庶務ML 2000.4.21.〜 【趣旨】 クローズドなMLです
衛動・幹事ML 2004.8.19.〜 【趣旨】 クローズドなMLです
衛動・情報委員会ML 1998.5.19.〜 【趣旨】 クローズドなMLです
衛動・お知らせメール
会員名簿にEメールアドレスを登録されている場合、事務局からの連絡を一方通行的に行います。名簿情報とリンクしておりますので、登録に関しては会員管理業務委託先のアカデミーセンター・日本衛生動物学会事務局へ。
衛生動物学MLご登録メンバーのリスト(ご登録者しかご覧になれません)
2009.4.9.現在でご登録者述べ180名余り、投稿総数は1078(旧サーバ)+546(新サーバ:2004.4.12.以降)です。
新規Mailing Listの申込み
現在利用しているホームページサーバの仕様によると、追加経費なしでメーリングリストが無制限に設定できます。メーリングリストの管理も、システムから提供されるユーティリティーでブラウザ上で比較的簡単に行えます。従いまして、会員の方で、研究会その他小グループでメーリングリストをご利用になりたい場合、情報委員会までお申し出下さい。サポートいたします。

【MLの趣旨】

衛動・お知らせメール

  会事務局等から会員に向けたアナウンスを、一方通行的に行うためのメーリングリストです。学会HPが更新されていれば、会員は定期的にアクセスして新しい情報を得ることができますが、それらの更新情報に関するアナウンスをメールで知らせて会員の便宜を図ろうとするものです。
 
 則として名簿に登録したEメールアドレスを登録いたします。
 
 ナウンス内容に関する問合せやコメントは、別途、下記「衛生動物学ML」にEメールアドレスをご登録の上、そちらのML上で行って下さい。
衛生動物学ML

A.設立のきっかけ・目的(そもそもなぜこのMLができたのか)__
 1997年6月下旬、当時、久留米大・医学部・寄生虫学講座の江下優樹先生が、すでに寄生虫学会でホームページおよびメーリングリスト(ML)を立ち上げサーバーを管理しておられた産業医大・医学部・寄生虫・熱帯医学教室の堀尾政博先生に、衛生動物学会でもホームページおよびMLを立ち上げられないだろうかと問い合わせられたことから始まりました。
 
 山医薬大・医学部・感染予防医学教室の白井良和先生にも加わっていただき、聖マリアンナ医大の高井も含め、そのためのML(しばらくしてから、このMLは衛動ホームページ談話会MLと名付けられました)を堀尾先生に設定していただき、意見交換を行っていきました。会員および役員の方々へも問合せ、あるいはそれらの方々と意見交換を行い、その経過もこのMLに報告されました。
 
 ょうどインターネットが日本でも爆発的な広がりを見せていた時期であり、研究活動も含めた広汎な分野での情報源として、これが極めて将来性のあるメディアであることには、私たちを含め、すでに多くの方の理解がありました。学会ホームページのメリットについても、すでに寄生虫学会のお手本があったわけですが、学会誌でのアナウンス、大会・集会での意見交換・情報交換のほかに、ホームページ上で、(ほぼ)瞬時に大量の情報を、会員も含めて不特定多数の方に伝達できる、というこのメディアの特性が、色々な場面で利用価値が高いことは明らかでした。
 
 だし、ホームページの情報は一方通行であり、メーリングリストは、この欠点を補うものです。(ほぼ)瞬時に大量の情報を、双方向的に、登録者に伝達できます。ホームページ談話会MLは、学会ホームページを立ち上げるためという、やや特殊な目的を持っておりましたが、互いは一度も顔を合わせることなく(交通費・時間等の大幅な節約がはかれ、利用上好都合な点が多く)、連絡、意見交換に十分な利用ができました。このことに自信を得て、学会の問題あるいは研究活動のためのML(衛生動物学MLと名付けられました)があれば、ホームページと合わせて十分な活用ができると考えられました。ホームページで情報が不特定多数の方に送られてしまう点は、欠点でもありますが、メーリングリストではクローズドなグループにしか伝わりません。
 
 会ホームページおよびメーリングリストの設立に関して、1998.4月、第32回幹事会(第50回衛動大会)において、倉橋 弘幹事から議案提出がなされ、その後、主として上村 清学会長のアレンジにより、篠永 哲渉外常任幹事を委員長とする情報委員会が仮発足し、翌1999.4月の幹事会で正式承認を得て、現在に至っています。

B.衛生動物学MLで交換されることが望ましい情報内容______
(a)インターネット・ホームページにあまり関係のない話題
1. 衛生動物学関連の、専門領域あるいは興味を持っている領域でのトピックス的な話題の交換
2. 衛生動物学関連の各種呼びかけ(例:共同研究、実験動物の問合せ、衛動データベース)
3. 衛生動物学関連の各種問合せ
4. 学会誌会報に載せるには時間的に間に合わず、今までだったら捨てられていた各種の、学会庶務等からの会員への広報。あるいは、それらの、より迅速な掲載。
5. 学会誌会報に載せるには時間的に間に合わず、今までだったら心当たりの方へ電話をかけまくるしかなかった、会員への各種広報。あるいは、それらの、より迅速な掲載。
(4、5は、学会庶務等のご協力が得られればですが。)
(b)インターネット・ホームページに関係した話題・事項
1. インターネットが衛生動物学研究に有効であることの例示
2. (衛動)ホームページにどのような情報が欲しいかの、ニーズの集約
3. 会員が独自にホームページを開いて情報発信する場合など、どのような環境整備が必要かの議論
4. 社会への、医療・衛生に直結した情報提供が可能な場合に、ネットワークを利用していかに有効に行い得るかの議論
 なお、情報委員会は、「衛生動物学ML」に投稿された発言を、発言者、さらに記事中に引用・転載等のある場合は、その部分の著作者にも承認を受けたのち、ホームページ上で公開することがありますので、どうぞご協力のほど、よろしくお願いいたします。

C.ご登録資格_________________________
日本衛生動物学会の会員でなくとも登録できます![(b)あるいは(c)をご覧下さい]
(a) 日本衛生動物学会・全国会員(名誉、個人、外国、団体、賛助、各会員)、または地方支部会員(→入会のご案内会員に関する規約
(b) 日本衛生動物学会の非会員のかたが、同じ研究室・教室等の日本衛生動物学会員のアドレスを使って登録をされる場合、その会員のかたの許可をいただいた旨、ご記入下さい。ただし、団体・賛助会員の場合には、特に団体等の許可をいただく必要はありません。
(c) 衛生動物を何らかの形で取り扱われ、あるいは興味を持っていらっしゃる研究者・技術者・教育者。学会等に属しておられない場合、「研究者・技術者・教育者」であることを示すご資格等をコメント欄にお書き下さい。あるいは衛生動物(学)に関連した学会の会員。あるいは日本衛生動物学会の会員から紹介のあるかた。
(c)のご登録希望者につきましては、2014年12月末日まで(情報委員会の任期です)の限定期間での登録といたします。(c)に相当する資格でご登録いただいたかたで、日本衛生動物学会会員でないかたは、2014年12月末日時点で、一旦、登録削除いたします。ご了解下さい。

D.登録に当たってご注意いただきたいこと____________
 このMLは、日本衛生動物学会の情報委員会が管理運営に当たっております。ご登録いただいたかたは上掲B(a)(b)の趣旨の内容で、自由にご発言下さい。MLでメールを発信すると、自動的に多数の人に配信されますので、メールの内容については各自の責任が前提となります。MLご使用にあたっては、以下のような点を守って下さいますようお願いいたします。
(a)ご投稿内容に関して
1. 公序良俗に反すること、情報発信の枠を超えた営利活動、非常識な誹謗中傷は禁止します。上掲B(a)(b)の趣旨から大きくはずれる内容のメールはご遠慮下さい。また、不適当と認められるメールが繰り返し発信される場合、情報委員会で協議の上、警告をさせていただき、さらに登録削除させていただくことがあります。
2. 単なる時候の挨拶のみ、謝礼のみのメールは出さないようお願いいたします。ただし、主題に関連して常識的な範囲で一言挨拶を添えるようなことは何ら禁止する理由はありません。
3. メールの内容の著作権を尊重し、転載するときは個人的に許可を得て下さい。
4. このML登録者のアドレスおよび名簿の無断転載と、日本衛生動物学会の活動以外への再利用を禁止します。
(b)技術的な点に関して
 
ご登録申込フォーム
(2000.6.10/2002.4.4./2005.1.8.情報委員会記)

衛動常任・庶務ML

衛生動物学会の、学会長、常任幹事(および庶務委員)間での連絡、電子会議のための専用MLです。(鎮西学会長の発案で始められました。)

衛動・幹事ML

衛生動物学会の、幹事(および庶務委員)間での連絡、電子会議のための専用MLです。第18期[2004-2005]執行部[小林常任幹事・葛西庶務委員ら]の発案で始められました。

衛動・情報委員会ML

衛生動物学会の、情報委員間での連絡、電子会議のための専用MLです。メール総数は1292(98.5.19.〜2004.3.31.)+283(新サーバ移行後、2009.4.9.まで)と、活発なやり取りが行われております。

戻る|↑ページTOP|終結閉鎖ML→]