戻る|↓ページ末尾

ご案内

平成11年7月8日
 
 日本学術会議50周年記念事業 
第5回植物保護・環境シンポジュウム
 

 以下の通りの広報が学会に参りましたので、お知らせ申し上げます。(注)

(衛動・情報委員会)


平成11年7月8日
日本学術会議研究連絡委員会
委員各位

日本学術会議植物防疫研究連絡委員会
委員長 三橋 淳
同シンポジュウム委員会
委員長 土橋常男

11年度植物防疫研連主催第5回「植物保護・環境シンポジュウム」を「植物保護関連の内分泌攪乱物質の実態」の課題で下記要領で開催することになりましたのでお知らせ致します。
 なお、各講演者には、本シンポジウムの課題が「植物保護関連の内分泌攪乱物質の実態」ということで、講演内容を農薬中心に構成して下さるようお願いしてあります。
 貴学会への会員へ周知されることをお願い申し上げます。


日本学術会議50周年記念事業
第5回植物保護・環境シンポジュウム
(1) 課題 植物保護関連の内分泌攪乱物質の実態
(2) 日時 平成11年11月12日(金)13時〜17時
(3) 場所 日本学術会議講堂(地下鉄千代田線乃木坂駅、青山葬儀所方面出口から徒歩1分)
(4) 講演時間 40分、質問・討論10分
(5) 講演要旨 B5判約8ページで作成
(6) 対象 植物防疫研連所属学会の会員、一般市民、学生等で一般公開
(7) 参加要領 無料、自由参加
(8) プログラム   内分泌攪乱物質と化学物質
                松尾昌季(住友化学生物環境科学研究所)
  内分泌攪乱物質の環境モニタリング
                森田昌敏(国立環境研究所)
  内分泌攪乱物質の環境生態系への影響評価
                川合真一郎(神戸女学院大学)
  内分泌攪乱物質の生体への影響
                井上 達(国立医薬品食品衛生研究所)


(注)  日本学術会議植物防疫研究連絡委員会 三橋委員長 学術会議研連担当委員 河野義明氏 衛生動物学会 庶務・会計 常任幹事 矢部辰男氏


戻る|↑ページTOP