学会賞受賞者一覧(1955〜2012)

戻る


日本衛生動物学会学会賞授賞規定

受賞者 所 属 研 究 課 題
2012 55 小林睦生 国立感染症研究所 宿主と寄生体との相互関係,特に媒介能の解析に関する一連の研究
2011 54 津田良夫 国立感染症研究所 蚊の疾病媒介生態に関する一連の野外研究
2010 53 佐々木 均 酪農学園大学昆虫学研究室 疾病媒介吸血昆虫の吸血生態、分布、防除に関する研究
2009 52 内田桂吉 順天堂大学医学部生物学研究室 栄養面から見たアカイエカの卵巣発育および卵数調節機構に関する研究
2008 51 高橋 守 埼玉県立川越総合高等学校 日本におけるツツガムシの分類および生態学的基盤の解明に関する研究
2007 50 冨田隆史 国立感染症研究所 衛生害虫の殺虫剤抵抗性獲得の分子機構に関する研究
2006 49 岩佐光啓 帯広畜産大学 畜産環境に関連するハエ類の分類,生態,疫学に関する研究
2005 48 矢部辰男 神奈川県衛生研究所 都市環境におけるねずみの生態学的研究
2004 47 安居院宣昭 国立感染症研究所 ハエ類の生殖生理機構の解明ならびに病原体伝播に関する一連の研究
渡辺 護 富山県衛生研究所 疾病媒介吸血昆虫・ダニ類の生理生態と疫学的研究
2003 46 斎藤一三 横浜市立大学医学部寄生虫学教室 日本産ブユの分布に関する研究
2002 45 栗原 毅 国立感染症研究所昆虫医科学部 蚊媒介病防除に関与する基礎的な問題についての一連の研究
2001 44 宮本健司 旭川医科大学医学部寄生虫学教室 日本におけるライム病の疫学的研究
當間孝子 琉球大学医学部・環境保健学教室 琉球列島および東南アジアの蚊科の分類,生態,防除に関する研究
2000 43 高田伸弘 福井医科大学医学部免疫学・寄生虫学教室 寄生性ダニ類の病原媒介様式に関する研究
1999 42 鎮西康雄 三重大学医学部医動物学教室 吸血性昆虫唾液腺の生理活性物質に関する研究
1998 41 茂木幹義 佐賀医科大学医学部微生物学教室 疾病媒介蚊の生態学的研究
1997 40 上村 清 富山医科薬科大学医学部感染予防医学教室 日本脳炎媒介蚊の発生動態に関する研究
1996 39 高木正洋 長崎大学熱帯医学研究所 疾病媒介蚊発生と環境との関係に関する生態学的研究
1995 38 高岡宏行 大分医科大学 本邦,東南アジア,中南米のブユに関する研究
1994 37 鈴木 博 長崎大学熱帯医学研究所 南西諸島の恙虫相の解明と恙虫類野外調査法の開発
1993 36 辻 英明 三共株式会社農薬研究所 ゴキブリの生活史と行動に関する研究−特に越冬休眠,潜伏と摂食について−
1992 35 石井 明 国立予防衛生研究所寄生虫部 昆虫・ダニアレルギーに関する研究
朝比奈正二郎 国立予防衛生研究所寄生虫部 日本産ゴキブリ類の分類学的研究
1991 34 小田 力 長崎大学医療技術短期大学部 蚊類の越冬に関する研究
1990   (見送り)   推薦なし
1989 33 石井 孝 徳島大学教養部 アカイエカ群に関する総合的研究−アカイエカ群の種分化
1988 32 宮城一郎 琉球大学医学部保健学科 東南アジアにおける蚊科昆虫の系統分類学的研究
1987 31 内川公人 信州大学医学部寄生虫学講座 寄生性ダニ類の分類と生物指標化に関する研究
1986 30 田中和夫 東京大学医科学研究所 日本産蚊科の分類学的研究
1985 29 池庄司敏明 東京大学農学部害虫学教室 蚊の化学生態学に関する研究
1984 28 早川博文 農林水産省東北農業試験場畜産部 日本産アプの分類・生態学的研究,とくにイヨシロオビアブ・グループの生態と吸血習性に関する研究
1983 27 神田錬藏 聖マリアンナ医科大学病害動物学教室 蚊科の細胞遺伝学的研究
1982 26 倉橋 弘 国立予防衛生研究所衛生昆虫部 クロパエ科昆虫の生物学
1981 25 松本克彦 東京女子医科大学寄生虫学教室 コナダニ類の実験生態学的研究
1980 24 篠永 哲 東京医科歯科大学医動物学載室 日本産イエパエ類の分類に関する一連の研究
1979   (見送り)   推薦1件.有効票規定数に達せず.
1978   (見送り)   推薦なし
1977 23 林 滋生 国立予防衛生研究所寄生虫部 伝染病媒介蚊の疫学的研究とくにマレー糸条虫症媒介蚊の発見,蚊の齢構成解析など
1976 22 大滝哲也 国立予防衛生研究所衛生昆虫部 衛生害虫における昆虫ホルモン分泌の理論と応用
1975 21 和田義人 長崎大学医学部医動物学教室 邦産イエカ類とくにコガタアカイエカの生態学的研究
1974 20 高橋三雄 国立予防衛生研究所衛生昆虫部 蚊による日本脳炎ウイルスの伝搬機構に関する研究
1973 19 佐々 学 東京大学医科学研究所寄生虫研究部 ダニ類とくに恙虫類コナダニ類の分類学的および生態学的研究
1972 18 大森南三郎 長崎大学医学部医動物学教室 伝染病媒介蚊類の生態学的ならびに疫学的研究
1971 17 白坂昭子 東京大学医科学研究所寄生虫研究部 日本産恙虫類の飼育に関する研究ならぴにアカイエカ類の交雑実験に関する研究
林晃史 大正製薬(株)防虫科学研究室 殺虫剤の効力増強とくにピレスロイド系殺虫剤の共力剤に関する研究
1970 16 井上義郷 国立予防衛生研究所衛生昆虫部 殺虫剤の実地連用に関する基礎的研究
1969 15 大島司郎 横浜市衛生研究所医動物室 室内塵のダニ相とその医学的意義に関する研究
1968 14 上本騏一および共同研究者 京都市防疫事務所 各種衛生害虫,とくにコガタアカイエカとプユの生態と防除に関する研究
1967 13 武衛和雄 大阪府立公衆衛生研究所衛生動物室 ハエの生態と防除に関する研究
1966 12 大野善右衛門 北海道立衛生研究所 日本北方産ノミの分類学的研究
1965 11 高橋 弘 陸上自衛隊衛生学校教育部防疫教室 日本産虻科の分類学的研究
1964 10 緒方一喜 国立予防衛生研究所衛生昆虫部 各種衛生害虫の防除に関する生態学的研究
1963 9 堀 克重 金沢大学理学部生物学教室 ハエ類の分類,形態ならぴに生態に関する研究
1962 8 安富和男 国立予防衛生研究所衛生昆虫部 殺虫剤,とくに昆虫の薬剤抵抗性に関する研究
1961 7 阪口浩平 大阪大学微生物病研究所 日本産ノミ類に関する研究
1960 6 鈴木 猛 東京大学伝染病研究所寄生虫研究部 殺虫剤に関する研究
1959 5 田中 亮 高知女子大学動物学教室 鼠の生態に関する研究
1958 4 加納六郎 東京医科歯科大学医動物学教室 日本産ハエ類の分類学的研究
1957 3 中田五一 京都市衛生研究所 蚊の生態学的研究
1956 2 浅沼 靖 資源科学研究所 吸血性ダニ類に関する研究
1955 1 細井輝彦 東京工業大学生物学教室 アカイエカの生理に関する研究

(注) 回数のカウントは幹事会議事録によります。

戻る