ENGLISH / JAPANESE

学会賞受賞者一覧(1955~2015)

日本衛生動物学会学会賞は、本学会の目的とするところに合致する学術上顕著な業績を上げた会員に贈られます。学会幹事が候補者を推薦し,投票することにより,原則として1年1件選考されます. ■ 日本衛生動物学会学会賞授賞規定


受賞者 所 属 研 究 課 題
2015 58 二瓶直子 国立感染症研究所 衛生昆虫類および疾病の分布解析における地理情報システム(GIS)の応用に関する一連の研究
2014 57 川田 均 長崎大学熱帯医学研究所 「たかが家庭防疫薬、されど・・・」
2013 56 皆川昇 長崎大学熱帯医学研究所 流行地域に根ざしたマラリア媒介蚊の生態研究
2012 55 小林睦生 国立感染症研究所 宿主と寄生体との相互関係,特に媒介能の解析に関する一連の研究
2011 54 津田良夫 国立感染症研究所 蚊の疾病媒介生態に関する一連の野外研究
2010 53 佐々木 均 酪農学園大学昆虫学研究室 疾病媒介吸血昆虫の吸血生態、分布、防除に関する研究
2009 52 内田桂吉 順天堂大学医学部生物学研究室 栄養面から見たアカイエカの卵巣発育および卵数調節機構に関する研究
2008 51 高橋 守 埼玉県立川越総合高等学校 日本におけるツツガムシの分類および生態学的基盤の解明に関する研究
2007 50 冨田隆史 国立感染症研究所 衛生害虫の殺虫剤抵抗性獲得の分子機構に関する研究
2006 49 岩佐光啓 帯広畜産大学 畜産環境に関連するハエ類の分類,生態,疫学に関する研究
2005 48 矢部辰男 神奈川県衛生研究所 都市環境におけるねずみの生態学的研究
2004 47 安居院宣昭 国立感染症研究所 ハエ類の生殖生理機構の解明ならびに病原体伝播に関する一連の研究
渡辺 護 富山県衛生研究所 疾病媒介吸血昆虫・ダニ類の生理生態と疫学的研究
2003 46 斎藤一三 横浜市立大学医学部寄生虫学教室 日本産ブユの分布に関する研究
2002 45 栗原 毅 国立感染症研究所昆虫医科学部 蚊媒介病防除に関与する基礎的な問題についての一連の研究
2001 44 宮本健司 旭川医科大学医学部寄生虫学教室 日本におけるライム病の疫学的研究
當間孝子 琉球大学医学部・環境保健学教室 琉球列島および東南アジアの蚊科の分類,生態,防除に関する研究
2000 43 高田伸弘 福井医科大学医学部免疫学・寄生虫学教室 寄生性ダニ類の病原媒介様式に関する研究
1999 42 鎮西康雄 三重大学医学部医動物学教室 吸血性昆虫唾液腺の生理活性物質に関する研究
1998 41 茂木幹義 佐賀医科大学医学部微生物学教室 疾病媒介蚊の生態学的研究
1997 40 上村 清 富山医科薬科大学医学部感染予防医学教室 日本脳炎媒介蚊の発生動態に関する研究
1996 39 高木正洋 長崎大学熱帯医学研究所 疾病媒介蚊発生と環境との関係に関する生態学的研究
1995 38 高岡宏行 大分医科大学 本邦,東南アジア,中南米のブユに関する研究
1994 37 鈴木 博 長崎大学熱帯医学研究所 南西諸島の恙虫相の解明と恙虫類野外調査法の開発
1993 36 辻 英明 三共株式会社農薬研究所 ゴキブリの生活史と行動に関する研究-特に越冬休眠,潜伏と摂食について-
1992 35 石井 明 国立予防衛生研究所寄生虫部 昆虫・ダニアレルギーに関する研究
朝比奈正二郎 国立予防衛生研究所寄生虫部 日本産ゴキブリ類の分類学的研究
1991 34 小田 力 長崎大学医療技術短期大学部 蚊類の越冬に関する研究
1990   (見送り)   推薦なし
1989 33 石井 孝 徳島大学教養部 アカイエカ群に関する総合的研究-アカイエカ群の種分化
1988 32 宮城一郎 琉球大学医学部保健学科 東南アジアにおける蚊科昆虫の系統分類学的研究
1987 31 内川公人 信州大学医学部寄生虫学講座 寄生性ダニ類の分類と生物指標化に関する研究
1986 30 田中和夫 東京大学医科学研究所 日本産蚊科の分類学的研究
1985 29 池庄司敏明 東京大学農学部害虫学教室 蚊の化学生態学に関する研究
1984 28 早川博文 農林水産省東北農業試験場畜産部 日本産アプの分類・生態学的研究,とくにイヨシロオビアブ・グループの生態と吸血習性に関する研究
1983 27 神田錬藏 聖マリアンナ医科大学病害動物学教室 蚊科の細胞遺伝学的研究
1982 26 倉橋 弘 国立予防衛生研究所衛生昆虫部 クロパエ科昆虫の生物学
1981 25 松本克彦 東京女子医科大学寄生虫学教室 コナダニ類の実験生態学的研究
1980 24 篠永 哲 東京医科歯科大学医動物学載室 日本産イエパエ類の分類に関する一連の研究
1979   (見送り)   推薦1件.有効票規定数に達せず.
1978   (見送り)   推薦なし
1977 23 林 滋生 国立予防衛生研究所寄生虫部 伝染病媒介蚊の疫学的研究とくにマレー糸条虫症媒介蚊の発見,蚊の齢構成解析など
1976 22 大滝哲也 国立予防衛生研究所衛生昆虫部 衛生害虫における昆虫ホルモン分泌の理論と応用
1975 21 和田義人 長崎大学医学部医動物学教室 邦産イエカ類とくにコガタアカイエカの生態学的研究
1974 20 高橋三雄 国立予防衛生研究所衛生昆虫部 蚊による日本脳炎ウイルスの伝搬機構に関する研究
1973 19 佐々 学 東京大学医科学研究所寄生虫研究部 ダニ類とくに恙虫類コナダニ類の分類学的および生態学的研究
1972 18 大森南三郎 長崎大学医学部医動物学教室 伝染病媒介蚊類の生態学的ならびに疫学的研究
1971 17 白坂昭子 東京大学医科学研究所寄生虫研究部 日本産恙虫類の飼育に関する研究ならぴにアカイエカ類の交雑実験に関する研究
林晃史 大正製薬(株)防虫科学研究室 殺虫剤の効力増強とくにピレスロイド系殺虫剤の共力剤に関する研究
1970 16 井上義郷 国立予防衛生研究所衛生昆虫部 殺虫剤の実地連用に関する基礎的研究
1969 15 大島司郎 横浜市衛生研究所医動物室 室内塵のダニ相とその医学的意義に関する研究
1968 14 上本騏一および共同研究者 京都市防疫事務所 各種衛生害虫,とくにコガタアカイエカとプユの生態と防除に関する研究
1967 13 武衛和雄 大阪府立公衆衛生研究所衛生動物室 ハエの生態と防除に関する研究
1966 12 大野善右衛門 北海道立衛生研究所 日本北方産ノミの分類学的研究
1965 11 高橋 弘 陸上自衛隊衛生学校教育部防疫教室 日本産虻科の分類学的研究
1964 10 緒方一喜 国立予防衛生研究所衛生昆虫部 各種衛生害虫の防除に関する生態学的研究
1963 9 堀 克重 金沢大学理学部生物学教室 ハエ類の分類,形態ならぴに生態に関する研究
1962 8 安富和男 国立予防衛生研究所衛生昆虫部 殺虫剤,とくに昆虫の薬剤抵抗性に関する研究
1961 7 阪口浩平 大阪大学微生物病研究所 日本産ノミ類に関する研究
1960 6 鈴木 猛 東京大学伝染病研究所寄生虫研究部 殺虫剤に関する研究
1959 5 田中 亮 高知女子大学動物学教室 鼠の生態に関する研究
1958 4 加納六郎 東京医科歯科大学医動物学教室 日本産ハエ類の分類学的研究
1957 3 中田五一 京都市衛生研究所 蚊の生態学的研究
1956 2 浅沼 靖 資源科学研究所 吸血性ダニ類に関する研究
1955 1 細井輝彦 東京工業大学生物学教室 アカイエカの生理に関する研究

佐々賞受賞者一覧(1990~2013)

佐々賞は衛生動物学の若手研究者の研究奨励と業績の顕彰を目的とした賞です。本賞の運営は佐々学博士退官記念事業会より寄託された基金で行われています。受賞対象者は原則として過去2年間に「Medical Entomology and Zoology(衛生動物)」に掲載された優秀な原著論文の筆頭著者の会員です。 ■ 佐々賞規定  ■ 「佐々賞」の創設にあたって佐々学

受賞者 所 属 対 象 論 文
2015 25 高野 愛 山口大学 高野愛、藤田博己、角坂照貴、高橋守、山内健生、石畝史、高田伸弘、矢野泰弘、及川陽三郎、本田俊郎、御供田睦代、角田隆、鶴見みや古、安藤秀二、安藤匡子、佐藤梢、川端寛樹.Construction of a DNA database for ticks collected in Japan: application of molecular identification based on the mitochondrial 16S rDNA gene. 64 (1): 13-21.「日本国内におけるマダニ遺伝子データベースの構築:マダニミトコンドリア16S rDNAを用いた遺伝学的同定法確立の試み」
2014 24 Mohamad Reza 自治医科大学 Laboratory testing of larvivorous fish Japanese medaka (Oryzias latipes) predation ability to copper-treated Anopheles stephensi larvae: An alternative method for vector control under low concentration of copper 64(2)P67-71, Mohamad REZA, Daisuke S. YAMAMOTO, Hiroyuki MATSUOKA
Low-concentration copper solution jeopardizes larval movement and ability to survive predation: New insight into malaria eradication via vector control 63(3)P217-222. Mohamad REZA, Daisuke S. YAMAMOTO, Hiroyuki MATSUOKA
2013 23 米島万有子 立命館大学大学院 CDC型ミニュチュアライトトラップによるコガタアカイエカ捕獲個体数とトラップ周囲の土地利用との関連性 米島, 万有子; 渡辺, 護; 二瓶, 直子; 小林, 睦生; 中谷, 友樹 (2011) vol. 62 (1) p. 13-22
2012 22 玉城美加子 琉球大学保健学研究科国際環境保健学教室 Tamashiro, M., Toma, T., Mannen, K., Higa, Y. and Miyagi, I. (2011) Bloodmeal identification and feeding habits of mosquitoes (Diptera: Culicidae) collected at five islands in the Ryukyu Archipelago, Japan. 62(1): 53-70.
2011 21 山内健生 富山県衛生研究所 Yamauchi, T., Obara, M., Watanabe, M., Ando, S., Ishikura, M., Shinagawa, Y., Hasegawa, S., Nakamura, K., Iwai, M., Kurata, T., Takizawa, T. (2009) Survey of tick fauna possessing the ability to act as vectors of rickettsiosis in Toyama Prefecture, Japan. 60(1): 23-31.Yamauchil, T., Tabara, K., Kanamori, H., Kawabata, H., Arai, S., Katayama, T., Fujita, H., Yano, Y., Takada, N., Itagaki, A. (2009) Tick fauna associated with sika deer density in the Shimane Peninsula, Honshu, Japan. 60(4): 297-304.
2010 20 Huang Yao-Te (黄 耀徳) 大分大学(掲載当時) Huang, Y.-T., Takaoka, H. (2009) Description of the female and mature larva of Simulium (Simulium) ufengense (Diptera: Simuliidae) from Taiwan. 60(2): 91-95.Huang, Y.-T., Takaoka, H. (2009) Simulium (Simulium) serenum, a new species of black fly (Diptera: Simuliidae) from Taiwan. 60(1): 33-38.Huang, Y.-T., Takaoka, H. (2008) Simulium (Simulium) pingtungense, a new species of black fly (Diptera: Simuliidae) from Taiwan. 59(4): 309-317.Huang, Y.-T., Takaoka, H. (2008) Description of the female of Simulium (Simulium) puliense (Diptera: Simuliidae) from Taiwan. 59(4): 305-308.Huang, Y.-T., Takaoka, H. (2008) A new species of Simulium (Gomphostilbia) (Diptera: Simuliidae) from Taiwan. 59(3): 171-179.
2009 19 駒形 修 財団法人ヒューマンサイエンス振興財団 Komagata, O., S. Kasai, I. Obara, N. Motoyama, I. Tanaka, M. Kobayashi, T. Tomita (2008) Concomitant identification of subspecies and insecticide resistance-associated mutations in the mosquito Culex pipiens complex by primer extension-based genotyping. 59(2): 33-46.
2008 18 藤本千種 香川県立保健医療大学保健医療学部臨床検査学科、香川大学医学部国際医動物学 Fujimoto, C., N. Takezaki, J. Minami, Arif-Ul-Hasan, R.L. Itaki, M. Harada, T. Tsukahara, T. Kobayakawa, F. Hombhanje, A. Masta, I. Hwaihwanje and S. Suguri (2006) Distribution and proportion of anopheline mosquitoes identified by the PCR-RFLP analysis method in Wewak and Maprik Districts of East Sepik Province, Papua New Guinea. 57(4): 255-264.
2007 17 比嘉由紀子 国立感染症研究所昆虫医科学部、現在 長崎大学国際研究連携本部 Higa, Y., K. Hoshino, Y. Tsuda and M. Kobayashi (2006) Dry-ice trap and human bait collection of mosquitoes in the eastern part of Hokkaido, Japan. 57(2): 93-98.
田村佳子 ヤシマ産業株式会社 Tamura, Y., Y. Tsubaki, Y. Terada, M. Kohmoto and T. Kamio (2004) The efficacy of etoxazole against Haemaphysalis longicornis (Acari: Ixodidae), as a tick control agent. 55(4): 303-311.
2006 16 武間亮香 アース・バイオケミカル株式会社 Buma, R., T. Maeda, Y. Marutaka, M. Kamei, H. Nagamune and H. Kourai (2004) Vectorial capacity of larvae, pupae and adult of housefly (Musca domestica) for Escherichia coli 157:H7 and the possibility of transmission from source to human. 55(2):95-106.
佐藤寛子 大分大学医学部 Sato, H., H. Takaoka and M. Fukuda (2004) A new species of Simulium (Nevermannia) (Diptera: Simuliidae) from Japan. 55(3):201-210.Sato, H., K. Saito, M. Fukuda, M. Takahashi and H. Takaoka (2004) Taxonomic revision of Simulium konoi Takahasi (Diptera: Simuliidae) from Japan. 55(4):313-324.Sato, H., H. Takaoka and K. Saito (2005) Description of a new species of Simulium (Nevermannia) (Diptera: Simuliidae) from Japan. 56(1):11-20.
2005 15 葛西真治 国立感染症研究所昆虫医科学部 Kasai, S., M. Mihara, M. Takahashi, N. Agui and T. Tomita (2003) Rapid evaluation of human louse susceptibility to phenothrin. 54(1): 31-36.Kasai, S., M. Mihara, M. Takahashi, N. Agui and T. Tomita (2003) An artificial blood feeding system for body louse, Pediculus humanus. 54(4):343-351.
2004 14 大塚 靖 大分大学医学部感染予防医学講座 Ootsuka, Y., H. Takaoka, C. Aoki and W. Choochote (2003) Phylogenetic analysis of the subgenus Himalayum within the genus Simulium s.l. (Diptera: Simuliidae) using mitochondorial 16S rRna gene sequeces. 54(1):113-120.
2003 13 平林公男 信州大学 Hirabayashi, K. and K. Ogawa (2000) Field study on capturing midges, Propsilocerus akamusi (Diptera: Chironomidae), by artificialwingbeat sounds in a hyper-eutrophic lake. 51(4): 235-242.平林公男,西尾規孝,山本 優 (2001) 内陸性気候地域におけるユスリカ成虫の分布とその生態に関する研究: 上田盆地における夏期・秋期のユスリカ成虫. 52(2): 87-96.
2002 12 橋本知幸 (財)日本環境衛生センター Hashimoto, T., N. Motoyama, K. Mizutani and G. Shinjo (2000) Repellent and lethal effects of seven chemicals on house dust mites, Dermatophagoides farinae Hughes (Acari: Pyrogyphidae) and Tyrophagus putrescentiae (Schrank) (Acari: Acaridae). 51(4):275-281.Hashimoto, T., Takada, N. and Motoyama, N. (2001) ATPase activities of acarid mite, Tyrophagus putrescentiae (Schrank) (Acari: Acaridae), and their inhibition by several acaridides. 52(3):195-200.
2001 11 孫建新(Sun Jianxin) 三重大・医学部・医動物学教室 Sun, J., P. Waidet-Kauadio, K. Ando and Y. Chinzei (1999) Changes in salivary gland proteins during blood feeding in Rhodnius prolixus, and dynamics of antibodies specific to salivary antigens in rabbits bitten by the bugs. 50(1):41-50.
2000 10 河合幸一郎 広島大・生物生産・動物生態学研究室 Kawai, K., E. Inoue, and H. Imabayashi (1998) Intrageneric habitat segregations among chironomid species of several genera in river environment. 49(1):41-50.
1999 9 砂原俊彦 佐賀医大・微生物学教室 Sunahara, T. and M. Mogi (1997) Drought and overwintering success of Tripteroides bambusa (Diptera: Culicidae) larvae and eggs in a bamboo grove. 48(4):295-302.
高橋朋也 (株)フジ環境サ-ビス Takahashi, T., H. Tsuji, N. Watanabe and M. Hatsukade (1998) Movement of adult German cockroaches, Blattella germanica (Linnaeus), from an occupied harbourage shelter to a vacant new shelter. 3. Interaction between males and females. 49(3):201-206.
1998 8 該当者なし    
1997 7 油田正夫 三重大・医・医動物学教室 Yuda, M., J. Sun, M. Yamaguchi, K. Ando and Y. Chinzei (1996) Identification and activities of anticoagulants in the salivary glands of the blood sucking kissing bug, Rhodnius prolixus. 47(3):263-272.
1996   中尾 稔(辞退のため該当者なし)    
1995 6 角坂照貴 愛知医大・寄生虫学教室 Kadosaka, T., M. Fujiwara, E. Kimura and K. Kaneko (1994) Hybridization experiments using 3 species of the scrub typhus vectors, Leptotrombidium akamushi, L. deliense and L. fletcheri. 45(1):37-42.
1994 5 中尾 稔 旭川医大・寄生虫学教室 Nakao, M. and K. Miyamoto (1993) Reservoir competence of the wood mouse, Apodemus speciosus ainu, for the Lyme disease spirochete, Borrelia burgdorferi, in Hokkaido, Japan. 44(2):69-84.
1993 4 該当者なし    
1992 3 岡本雅子 東京女子医大・寄生虫学教室 Okamoto, M., K. Matsumoto and R. Shirasaka (1991) Studies on the attaching behavior of the Lardoglyphus konoi (Acari, Lardoglyphidae) hypopus and its molting into the tritonymph. 42(3):219-228.
1991 2 高橋 守 埼玉医大・医動物学教室 高橋 守 (1990) フトゲツツガムシLeptotrombidium (Leptotrombidium) pallidumにおけるつつが虫病リケッチアRickettsia tsutsugamushiの伝播に関する研究. 41(4):389-403.
1990
1 一盛和世 帝京大・医 Ichimori, K. (1989) Correlation of mosquito size, blood meal size and malarial oocyst production. 40(2):81-85.
馬場 稔 大分医大・医動物学教室 Baba, M. and H. Takaoka (1989) Oviposition sites and the number of larval instars of two mountain blackfly species, Simulium japonicum and S. rufibasis (Diptera: Simuliidae). 40(4):307-313.