ENGLISH / JAPANESE

マダニ同定支援

マダニ同定用簡易マニュアル(2014)

高野 愛(山口大学共同獣医学部)  

 昨今、マダニやマダニ媒介性感染症の疫学調査等でマダニの同定を行なう機会があるかと思います。しかしながら、マダニの同定は経験が必要であり、さらに虫体が保存されていない場合などに同定が難しいことなどが問題となっておりました。 そこで、マダニ同定の補助的手法として、マダニの遺伝子を用いた同定法を論文に記載すると共に、簡易マニュアル・遺伝子配列データを作成・公開いたしましたので、御紹介させて頂きます。業務等でご活用いただければ幸いです。

 

pdficon_large  マダニ同定用簡易マニュアル(山口大学へのリンク) マダニ同定を行なう上での簡易マニュアルになります。マダニの属の区別や、ステージの区別方法、系統解析の簡易マニュアルをまとめました。

file-text マダニ遺伝子アーカイブ:  fasta形式(山口大学へのリンク) 国内に生息するマダニ種同定を補助する目的で構築した遺伝子アーカイブです。本ファイルはFASTA形式のテキストファイルですなお、本データを使用する場合は以下の文献を引用して頂きますようお願い申し上げます。

 

原著論文

Takano A et al. Construction of a DNA database for ticks collected in Japan: application of molecular identification based on the mitochondrial 16S rDNA gene. Medical Entomology and Zoology 65(1); 13-21 (2014) [高野ら. 日本国内におけるマダニ遺伝子データベースの構築: マダニミトコンドリア16S rDNAを用いた遺伝学的同定法確立の試み 衛生動物 65(1) 13-21 (2014)]

pdficon_large 論文ダウンロード